ワキガ診断わきがの手術を保険適応で受けるためには、
医師にわきがと認めてもらうことが必須条件です。

わきがの手術は、保険適応であるかどうかで、
支払う金額がかなり変わります。
そこで、保険適応でわきが手術を受けたいと思う人がほとんどでしょう。

ワキガ手術を受けるには

わきがの手術を保険適応で受けるためには、わきがであると医師に診断してもらうことが条件です。医師が、わきがの症状が手術が必要なレベルかどうかを診断します。

ワキガの主な診断方法

ガーゼを脇に当て、そのガーゼのニオイを医師が嗅いで、わきがかどうかを診断します。
医師だけの判断では、患者が不信感を抱くことがあるので、看護師もニオイを嗅ぎワキガかどうか判断するそうです。

診断結果が心配なときは!?

この診断方法だと、「今はニオイがきつくない時なのに・・・」など気分や時間などに
診断結果が影響されてしまうこともあるでしょう。
いつもは汗をかきやすくニオイがしやすいのに、診察の時は緊張をして汗をかかないという人もいるそうです。
これでは、わきがなのにわきがと診断してもらいにくくなってしまいます。

 このような心配がある人は、臭ってしまった洋服や黄ばんでしまった洋服を持っていっておくといいでしょう。