ワキガの人ほど脇を閉めるそうですが、逆効果です。
ニオイをより強くしてしまうので、今すぐ止めましょう!

ワキガの人は、脇のニオイを気にするあまり、
脇をしめてしまう傾向があるようです。
脇汗をかきやす人も、脇をしめがちです。
意識をしておらず、自然と脇をしめている人もいるそうです。
脇のニオイを他の人に知られたくない気持ちから、
気がつかないうちに脇をしめるのがクセになっているケースが多いです。

しかし、脇のニオイに対しては、脇をしめることは逆効果です。
脇をしめることで、風邪通りが悪くなり、湿度がぐんっと上がってしまうからです。
湿度があがると細菌は繁殖しやすくなり、ニオイはきつくなる一方です。

脇が蒸れないように、脇をぎゅっとしてすぎるのはいけません。
大げさなほどに脇をあける必要はありませんが、そのくらいの気持ちでちょうどいいかもしれません。

気がついたときに、腕を上に上げたり、脇をあけたりするクセをつけると、
脇の風通りがよくなり、空気がこもりにくく、湿気が上がらないようになります。
ワキガの一番の敵は、湿気です。