わきがは塩湯で解消しましょう!
塩湯の方法をご紹介します。

わきがには塩湯がおすすめです。
塩とお湯だけでできる、
簡単で経済的な方法ですよ。

塩湯の作り方

洗面器にぬるま湯を1杯用意します。
その中へ塩を大さじ3杯を入れて、手でかき混ぜましょう。
塩は洗面器の底に溜まりやすいので、
手ですくい上げるようにしてかき混ぜるのがポイントです。

これで完成です。
塩の量は、大さじ3杯が基本ですが、肌コンディションや好みによって塩の量を調節してOKです。
肌に刺激を感じるなら塩分濃度低くし、効果が物足りない場合は塩分濃度を濃くしましょう。

塩湯の方法

塩湯を脇につけます。
できる限りたくさんの塩湯を脇につけるようにしましょう。
塩湯を塗った後は、指の腹を使ってマッサージをするように洗いましょう。
脇毛が生えている場合は、皮膚が洗いにくく、皮脂が溜まりやすいので念入りに丁寧にあらいましょう。
指先にぬるぬるとした感触を感じたら、皮脂が溶け出している証拠です。
最後にぬるま湯で浮き出た汚れを洗い流せば完了です。
熱すぎるお湯ではなく、ぬるま湯を使うと、肌の水分が奪われませんよ。