夏はワキガ臭が強烈になりますね。
臭う原因はなんでしょうか?

ワキガの原因は、脇に密集しているアポクリン腺です。
アポクリン腺から出る汗は普通の汗とは異なり、きつい臭いの原因となります。
アポクリン腺から分泌された汗を細菌が分解すると、周囲の人にも気が付かれるような強烈な臭いが出てしまうのです。

そんなワキガ臭が夏にはきつくなりがちです。
これは脇汗の量が増えたり、湿度の高い気候が影響しています。
また気温が高いので、体温も自然と高くなり、高温多湿のコンディションが細菌の繁殖を増強させてしまうからです。
自分が臭うだけでなく、周りの人に不快を与えてしまうほど強い臭いになることも少なくありません。

夏のワキガ臭を防ぐためには、清潔を保つことが一番です。
臭いが発生する前に対策をしておきましょう。
脇が一番きれいなタイミングは入浴後です。
入浴後の脇にデオドラントスプレーやミョウバン水、重曹など脇臭対策を施します。
また、日中も汗をかいたと感じたらすぐに拭き取るように習慣を付けましょう。
汗をそのままにしておけば絶対に臭います。