入浴の時は、酢をお酢を使いましょう!
お酢を湯船に入れると消臭効果抜群です。

ワキガで悩んでいるなら、入浴剤はお酢にしましょう。
お酢には、強い殺菌効果があるので、脇のバクテリアを殺してくれるのです。

湯船にお湯をはる時は、入った時に脇がお湯の中に漬かるくらいにしましょう。
そのお湯の中に、お酢を大さじ10杯ほど入れましょう。
お湯200リットルで、酢大さじ10杯は目安ですが、お酢は、きっちり測らなくても、目分量でもかまいません。
お風呂の大きさや自分の肌やニオイのコンディションに合わせて量を調節しましょう。

酢には、クエン酸も多く含まれています。
クエン酸は、乳酸の生成を防いでくれますし、すでに出来てしまった乳酸を分解してくれる働きもあります。

お酢入浴法は、夏のダラダラとかく汗はもちろん、冬のドロドロとした濃い汗にも効果があるのが嬉しいですね。
脇の下はもちろん、足や背中など、全身の体臭予防に効き目が期待でしますよ!
耳の後ろは、加齢臭など体臭がきつくなりがちな部位ですので、タオルなどを湯船のお湯に付けて、
ふき取るようにしましょう!