夏は、香水の使用を控えましょう。
体臭がきつい人が、特に要注意です。

夏は、汗をかくやすいく、体温も高りますので、体臭がきつくなりがちです。
汗臭や加齢臭、ワキガ臭などが、自分でも不快を感じるほど強くなります。
そんな時にやってしまいがちなのが、香水です。
香水は、いい香りがするので、体臭を気にする人は、
つい試してみたくなるのですが、これが間違いなのです。

香水は、体臭を消すものではなく、香水の香りで、体臭をごまかすものです。
つまり、香水をいくら付けても、体臭が消えることはありませんし、それどころか、体臭が余計に強調されてしまい、
臭うようになることも多いのです。

香水は、外国人向けに作られているので、日本人の体臭には合わない場合があります。
いい香りとして作られたものでも、日本人の好みには合わない香りということもあります。
香水の好みは、千差万別で、自分がよいと思っていても、他人からは不快だったということもよくある話です。

香水は、体臭をより強調させてしまうことが多いので、避けたほうがいいでしょう。
夏は、特に嫌なニオイに発展しやすいです。