ぷーんと臭うオヤジ臭。
オヤジ臭の正体は何でしょうか?

40代、50代になると発生する嫌な臭い。
加齢とともに強くなる臭いを加齢臭といい、
通称オヤジ臭とも呼ばれます。
個人差はあるものの、男女ともに悩む問題ですね。

原因は酸化した脂

オヤジ臭の原因は酸化した脂です。
毛穴から分泌した皮脂が酸化すると、ノネナールという物質が発生し、
その臭いがオヤジ臭の正体というわけです。
年齢を重ねると、体力が落ち体に不調が出たり、代謝の低下、生活習慣の乱れが出やすいくなるため、皮脂量のバランスが崩れやすく、ノネナールが大量に発生してしまうのです。

清潔をキープ

オヤジ臭を軽減させるためには、体を清潔にすることがポイントです。
臭いが出やすい部位は、耳や頭、背中、首まわりです。
これらの部位を清潔に保てばオヤジ臭をかなり軽減させることができます。
入浴の際は石鹸を使って丁寧に洗い、きちんと拭き取り乾かしましょう。
また、日中もボディシートなどで汗を拭き取る習慣を付けましょう。
トイレに行くタイミングと決めておくと、習慣づけがしやすく、おすすめですよ。