カサカサ肌は体臭の原因となります。
しっかり保湿をしてツルツル肌を目指しましょう!

冬は肌が乾燥しやすい季節ですね。
肌の表面を見ると粉を拭いていたら、
それは極度の乾燥肌ですよ。

カサカサ肌の原因

冬は湿度が低いために、肌の水分が不足しやすくなります。
しかも寒いからと熱いお風呂に入る機会が増えるので、肌の水分がどんどん奪われてしまうのです。
肌が乾燥すると痒みを感じることが多く、寝ている間など無意識に掻き毟ってしますので、カサカサ肌がどんどん悪化してしまうので、絶対にかいてはいけません。
肌への熱や冷えなどの刺激を最小限にして、クリームやローション等で保湿を心がけましょう。

体臭の原因になる?!

肌が乾燥すると、細胞の水分も不足するので、
細胞自体の大きさが小さくなってしまいます。
細胞が小さくなると、細胞と細胞の間に隙間ができてしまい、その隙間に粉ふきが起こってしまいます。
この粉ふきは、見た目や痒みの問題だけでなく、
体臭の原因になるので注意が必要です。

皮膚にいる細菌が、粉ふきを養分とし大繁殖をするからです。