タバコを吸っている人って体臭がきつくなるといいますよね。
タバコが体臭の原因になるのは本当でしょうか?

タバコを吸っている人からは、臭いがします。
タバコは吸うと、煙たいニオイがしますよね。
口臭スプレーやガムで対策をしている人もいますが、ニオイがおさまったと思っているのは本人だけで、周りの人からすれば、かなりきついニオイがしているのです。
しかし、タバコを吸うことによって臭うのはこの煙のニオイだけではありません。

タバコを吸うと、ニコチンが脳を刺激するためエクリン腺からの汗をかきやすくなります。
このエクリン腺から出る汗は、汗臭のニオイの原因となるもので、そのニオイはかなりきついです。
これが、タバコを吸うと、体臭がきつくなる原因です。

また、自律神経が乱れることも体臭がきつくなる原因です。
自室神経が乱れることで、活性酸素の分泌が活発になり、細胞が酸化して臭うのです。
このニオイは加齢臭に近い強烈なもので、周囲からは不快に感じます。

このように、タバコは体臭の大きな原因になるので吸いすぎには十分に注意をしましょう。