体を洗う時は、何を使って洗っていますか?
間違うと体臭がきつくなるかもしれません。
体臭や汗臭、加齢臭を気にする人にとって、入浴は大切な時間ですね。
嫌なニオイを落とすための大切な時間ですので、思わず気合いも入ります。
しかし、気合いを入れすぎてはいけません。
体は、優しく洗う必要があるからです。
力を入れてゴシゴシと洗っては、皮膚のバリア機能も低下してしまい、
細菌が繁殖しやすくなってしまうからです。

そこで、体臭が気になる人は、体を優しく洗うために手を使ってはどうでしょうか?
指や手のひらを使って、体を優しく洗うのです。
石鹸の泡をたくさんつけて、手で洗えば洗いすぎて必要なものを落としすぎてしまうこともありません。

背中など手が届きにくいところは、コットン100%の柔らかい布やタオルがおすすめです。
ナイロン製のバスタオルは固すぎるため、皮膚を傷つけてしまいます。
ナイロン製は洗っているときは、かゆい所に気持ちが良かったり、
爽快感がありますが、実際は肌を傷つけているだけです。
体を優しく洗うには、向きません。