体からココナッツのような甘い臭いがしたら
要注意です。
もしかした病気が隠れているかもしれませんよ。

ある日突然、体から甘い臭いがすることがあります。
自分では気がつかなくても、人から「なんだか甘い臭いがするよ。」「何かトロピカルフルーツを食べた?」なんて聞かれてことはありませんか?
あるという人は糖尿病かもしれません。

糖尿病の人のすい臓はインスリンが少なくなることがあます。
そのときに体の中の脂肪が脂肪酸へと変化します。
脂肪酸はさらにケトン体へと変化するのですが、このケトン体は甘い臭いがするというわけです。
ですから、体からココナッツのような甘い香りがしたら
注意をする必要があります。

酸っぱい臭いや苦いに臭い、腐敗臭などは家族や恋人、友人から指摘されることがあるのですが、甘い臭いはそのまま放置されることがあります。
ココナッツ臭は化粧品やシャンプー、香水などの香りと似ているので、わざわざ指摘しないという場合があるのです。

体臭は体の状態を表す大切なバロメーターです。
自分の体臭に気をつける習慣を付けておきましょう。