体から甘いニオイはしませんか?
甘い体臭は、健康の危険信号です。

体から、ココナッツやバナナのような甘いニオイはしませんか?
とくに首の辺りからは、ニオイが出やすいです。
このような甘い体臭は、糖尿病のサインかもしれません。
糖尿病だと、すい臓から出るインスリンが減少します。
すると、体内の脂肪が脂肪酸へと変わり、ケトン体になります。
このケトン体は、ココナッツやバナナのような甘いニオイがするというわけです。

また、無理なダイエットや激しい食事制限でも、甘いニオイがすることがあります。
これも、糖尿病の時と同じようにエネルギーが足りずにケトン体が生成されることで出る体臭です。
このニオイは、ダイエット臭や飢餓臭とも呼ばれ、栄養バランスが悪いという危険信号なので、
しっかりと健康管理をしましょう。

確かに、脂肪やたんぱく質を摂りすぎるような食生活はおすすめできません。
といっても、エネルギーが足りなければ、健康にも悪いですし、ダイエット臭もしてしまいますので、
1日3食を食べ、栄養バランスを考えた規則正しい食事を心がけましょう。