体臭とムコ多糖の関係は、深い関係があります。
ムコ多糖分は、何でしょうか?

夏になると、特にきになるのが、足や脇のニオイですね。
このような体臭の原因は、ムコ多糖かもしれません。
ムコ多糖は、体臭の有無に大きな影響を与えるからです。

ムコ多糖とは、山芋や里芋などに多く含まれている成分です。
体細胞のまわりで水分をキープしてくれる働きがあり、うなぎやツバメの巣、牛すじ、とんこつスープなどにも
たくさんのムコ多糖が含まれています。
疲れたときなどに、「精をつけたい」と食べる食品には、ムコ多糖が多いケースがよくあるので、
食べすぎには注意をしましょう。
肌のハリなど美肌効果があり、ムコ多糖のサプリメントを摂取している人もいるのですが、
体臭が気になる人は、摂りすぎを避けたい成分です。

ムコ多糖には、汗腺機能を高める効果があります。
汗腺機能が高まると、毛穴の汚れが詰まりにくく、外に排出しやすくなるというメリットもあるのですが、
汗臭くなるというデメリットが心配です。
汗をかくと、皮膚の細菌が繁殖し、嫌なニオイがしてしまうのです。