加齢臭はいつ臭うのでしょうか?
実は、朝は加齢臭がきつくなるときなんです。

加齢臭は1日中強いわけではありません。
臭いやすい時間帯と臭いにくい時間帯があるのです。
1日で加齢臭がしやすいのは、実は朝です。

加齢臭が朝しやすい理由は、睡眠中にあります。
人は寝ているときは、体温が下がり、代謝はがくっと落ちます。
ところが、睡眠が深ければ深いほど、神経が敏感に反応するようになり、少しの温度変化に反応するようになり、
睡眠中は汗をかきやすいというわけです。

起きたら、足や手、背中、おでこなどに寝汗をかいてはいませんか?
もちろん、この時に皮脂もたくさん出ています。

この睡眠中の寝汗や皮脂は、加齢臭の大きな原因となるのです。
だから、朝起きたときが加齢臭が最もきついというわけですね。

そこで、朝シャワーをおすすめします。
睡眠中に出た汗や皮脂をすべて洗い流せば、加齢臭は一旦消えます。
寝汗や皮脂をつけた汚れた状態のまま出かけて、1日を過ごすと、細菌が繁殖しやすいからです。
朝、加齢臭をリセットしてから1日をスタートさせましょう。