塩で体臭を抑えることは、できるのでしょうか?
塩には、殺菌と消臭の効果があります。

体臭や汗臭を抑えたいと体を洗いすぎている人がいます。
皮脂汚れや汗、垢などを落とし、体臭を抑えたい気持ちはとてもわかりますが、
体を洗いすぎては体臭が余計に強くなってしまうこともあります。
といのも、ボディソープなどを使って洗いすぎると、
皮膚の大切なものまで奪われてしまうからです。
健やかな皮膚には、適度な油分と水分が必要だからです。

皮膚の油分や水分が奪われすぎないように洗うには、塩がおすすめです。
塩には、殺菌効果や消臭効果があるので、体臭を消すのにとてもよいのです。
塩ならば、皮膚の油分や水分を落としすぎてしまうこともありませんし、体はもちろん、顔や頭など体のどこでも洗うことができるのも嬉しいですね。

塩で体や頭を洗う時は、洗面器にお湯をくんで、そこに塩を大さじ5ほど入れます。
手で混ぜて、塩を溶かしたらOKです。
体や頭に付けて、体を丁寧に洗いましょう。

塩で髪を洗った時に髪がきしむと感じる場合は、酢でトリートメントをすれば、髪がさらさらになります。