体臭や汗臭が気になったら塩浴がおすすめです。
健康が美容にも効果があります。

体が皮脂臭いと感じたら、塩浴をしましょう。
塩浴をすると体臭の原因となる老廃物を取り除くことができます。

塩浴のタイミング

塩浴は、塩とぬるま湯だけを使う簡単な方法です。
まず、湯船につかり体を温めます。
体温が1度あがれば汗が出始めるので、
汗が出始めたら湯船から出て塩浴の開始です。

体が冷たいままで塩浴をするとあまり効果が無いので気をつけましょう。

塩浴の方法

塩を大さじ10、ぬるま湯を50mlを混ぜ合わせます。
洗面器や石鹸おきの蓋など、容器は何でもOKです。
それを体臭が気になる部分において3分から5分ほど放置します。
脇や背中、耳の後ろ、足など臭いがしやすい場所を重点的に、
塩を置くと良いでしょう。

老廃物が勝手に溶け出してくるので、ゴシゴシとこする必要はありません。
最後にぬるま湯で塩を洗い流して完了です。

浴室内は湿度が高いので、塩が垂れてしまうという場合は、大さじ3の小麦を混ぜると安定しやすくなりますよ。
小麦を使う場合は、小麦アレルギーがあるといけないので、
パッチテストを事前に行いましょう。