加齢臭に悩む女性が増えています。
女性に加齢臭が増えているわけは何でしょうか?

加齢臭の原因は、ノネナールという物質です。
ノネナールは、活性酸素によってできた過酸化脂質とパルミトオレイン酸という脂肪酸によって発生します。
このノネナールが、年齢を重ねるごとに発生しやすくなるため、
加齢臭がしやすくなるのです。
女性の場合は、女性ホルモンのバランスが崩れたり、女性ホルモンが減少すると、ノネナールが発生しやすくなります。

そこで、女性の加齢臭対策には、女性ホルモンのバランスと整えることがポイントです。
女性ホルモンを活発にさせるには、大豆イソフラボンやプエラリアが有効です。
よくバストアップのサプリメントなどに使われている成分ですね。
豆乳や豆腐、納豆などの大豆食品を積極的に摂取して、大豆イソフラボンを摂るようみしましょう。
一方、プエラリアは、タイ北部やミャンマーの山岳部に生息するマメ科の植物ですので、そのまま食べるというのは難しいです。
プエラリアのサプリメントがドラッグストアなどに売られていて簡単に手に入るので、
それを取り入れてはいかがでしょうか?