宿便が溜まってはいませんか?
宿便は体臭や口臭の原因となります。

おなかがぽっこり。
太ってしまったなと気にしているが、実は宿便かもしれませんよ。
宿便とは、腸内に溜まった便のことで、長期間溜まるほど頑固なものもあります。
宿便は体臭や口臭の大きな原因の1つですので、そのままにしてはいけません。

腸内に宿便が溜まると悪い細菌が大量発生し、ガスを発生させます。
このガスはとても臭いのですが、超の壁に浸透し、血管の中へと染みこみます。
血管へ浸透した画ガスは、血液中に溶けこみ全身へと行きわたるのです。
この時に汗をかくと、嫌なニオイのガスも汗と一緒に出てきますので悪臭がします。
つまり宿便がガスを出し、汗と一緒に出てくるというわけです。
宿便が溜まった腸内のニオイは胃や口の方へと逆流しますので、口臭の原因ともなるのです。

体臭や口臭の原因となる宿便。
放っておけば放っておくほど頑固な宿便となり、体の外へと出にくい状態になります。
ですから宿便はそのままにしておかずに、食生活や運動など生活習慣を改善することで、
宿便の溜まりにくい体質を目指しましょう!