春は、体臭やワキガが強くなりがちな季節です。
春の体臭の対策を始めましょう!

寒い冬が終わり、いよいよ春ですね。
ポカポカして嬉しいけれど、気になるのが体臭です。
汗臭やワキガ、頭皮のニオイなど、さまざまな体臭がきつくなる季節なので
注意が必要です。

春に体臭がきつくなる原因は、紫外線です。
紫外線の量は、3月頃から急激に増加します。
しかも、春の肌は、まだ紫外線に慣れていないのでダメージを受けやすくなるのです。
紫外線でダメージを受けた肌は、乾燥をしているので、皮脂汚れが出やすく、不潔な状態になりやすいので、保湿クリームや保湿ローションなどを塗って乾燥対策をしましょう。
また、紫外線から肌を守るためにも、UVクリームを塗ったり、UV素材のシャツや帽子を活用するのもおすすめです。

また、春先は気温がぐっとあがりますよね。
日中と夜の気温の差も激しいので、交感神経が高まります。
交感神経が高まると、少し動いただけでも汗が出ます。
夏のようにダラダラとかく汗ではないので、ケアを怠りがちですが、ニオイの原因になるので、
ウェットティッシュなどでふき取るようにしましょう!