更年期になると体臭で悩まされることがあります。
その原因とは、何でしょうか?

今まで体臭は強くなく、体臭で悩んだことがなかったのに、急に体臭がするようになる人がいます。
体臭が強くなってしまったきっかけは、更年期だそうです。
更年期に体臭が強くなるのは、何故でしょうか?

更年期になると女性ホルモンの分泌量が低下し、一方で男性ホルモンの分泌量がぐっと上がります。
男性ホルモンの分泌量が上がることで、皮脂の量も多くなります。
この皮脂が酸化することで、加齢臭といわれる独特のニオイがするというわけです。

更年期の体臭を抑えるには、皮脂を酸化させないことがキーになりますので、
毎日の食生活と運動に気をつかうようにしましょう。
野菜中心の食事を心がけて、適度な運動を取り入れることが大切です。

さらに、更年期には、汗が出やすくなる症状があります。
自律神経のコントロールがうまくいかないために起こる症状です。
汗をかいたら柔らかいタオルでこまめにふき取り、肌着を交換するようにしましょう。
出かけるときは着替えを持っているとプレッシャーを感じる必要がなく、安心です。