水太りは体臭の原因になります。
解消法を実践し、体質を改善しましょう。

水太り状態では、
体内に老廃物が溜まり血液がドロドロに。
アンモニア臭のする汗をかき、きつい体臭となります。

塩分を控える

体内の塩分濃度は一定に保つようになっています。
ですから、塩分を摂取すればするほど、同じく水分も体の中に溜め込むように
なっているのです。
そこで、塩分を控えることで体内の水分量を減らすことができます。
日本食は塩分がたくさん使われているので、
減塩を意識した食生活を心がけましょう。

運動不足を解消する

運動をしないでいると筋力が低下します。
筋肉は血液を体中に巡らせるための役割を果たしているのですが、この筋肉のポンプが弱ると血液の巡りが悪くなり、下半身、特に足部分に溜まってむくみを
起こすのです。

そこで、水太りが気になる場合には運動を心がけましょう。

重力があるため血液や水分は下半身に溜まりやすいですから、足の筋肉を中心に鍛えるといいでしょう。
まずはウォーキングがおすすめです。
ウォーキングは、体中の血行を改善し、足を鍛えることができるからです。