洗濯

加齢臭が付着した洋服の洗い方をご紹介します!
ちょっとしたコツがあるんです。

洋服にべっとりと付着した加齢臭。
普通の洗濯ではなかなか落とすことが難しいようです。

 

漬け置きをする

加齢臭はしつこいく残るので、洗濯機で洗う前に1度漬け置きをするのが
良いでしょう。
酵素系の漂白剤をぬるま湯で薄め、洗面器やバケツに入れて漬け置きをします。
酵素系の漂白剤は、皮脂を分解し、
臭いを元から断ってくれるので期待できますよ。

首まわりや脇の下など、特に臭いが気になる箇所には、酵素系漂白剤を直接塗り込みます。
生地が傷みますので、30分から1時間を目安に置きましょう。

 

部屋干しは厳禁

漬け置き後、洗濯機をかけて、すぐに干しましょう。
部屋干しではなく、外に干すことが大切です。
部屋干しではどうしても乾きづらく生乾き状態となってしまうため、
細菌が繁殖してしまうことが多いからです。
これでは衣類が臭ってしまいます。

やむを得ず部屋干しをする際は、部屋干し用の洗剤を使います。
さらに、下から扇風機やサーキュレーターを当てるなどして、風通しのよい環境を作りましょう。