綿棒耳がくさいのは治すことができるのでしょうか?
耳がくさいのは放っておいてはいけません。

耳は臭いやすい場所です。というのも耳には、たくさんの皮脂腺があるからです。

耳や耳の周りからは、たくさんの皮脂が分泌され、これが臭うというわけです。
耳がくさいのを治すためには、こまめに耳をきれいにするようにしましょう。

入浴で耳がクサイのをケア

入浴時には、耳の周りはもちろん、耳たぶや耳の入り組んだところまで、しっかりと汚れを落とすようにするとより効果的です。
 シャワーで流しにくいところは、塗らしたタオルを使って汚れをきれいに拭き取りましょう。

入浴後の耳がクサイ場合のケア

入浴後は水分が残らないように、丁寧にタオルで拭き取ることが大切です。
耳の入り組んだ部分は、拭き忘れる人が多いですが、水分が残っていると細菌が繁殖し、臭ってしまうのです。
耳の穴は、綿棒を使ってやさしく掃除をしましょう。

 ネバネバの耳垢な人は、毎日、綿棒を使って耳の穴を掃除がとても大切です。

耳の臭いが取れない場合

耳を清潔にしていても、においが取れない場合は、耳の病気かもしれません。<
耳の病気は、放っておくわけにはいきません。

 早めに医師に相談をして病気をみつけましょう。