自己臭症(自臭症)についてです。
悩んでいる人は多いですが、治療法はある病気です。

「自分は臭いんだ。」と思い込んでいることで、実際のニオイよりもきついニオイがしていると思ってしまう病気です。
自分にはきついニオイがしていると思い込んでいるので、
他者との関係で行き違いや勘違いが起きてしまうことがあります。

とある人が、自己臭症の人に冷たく対応したとします。
健康な人ならば、「自分は何かしたのかな?」「機嫌が悪かったのかな?」などと感じるでしょう。
しかし、自己臭症の人は、「自分が臭いから嫌なんだ!」などと感じてしまうのです。
実際は、風邪でしんどかっただけかもしれません。

このように、自分が実際よりも強い悪臭がしていると思い込むと、着替えを何度もしたり、
消臭剤を何度もかけてしまう、気分がはれない、
人と関わるのが嫌になるなど様々な症状が出てきます。
この自己臭症には、薬物療法と心理療法の両方からアプローチして治療を行います。

この病気は、周りの人が気がついてあげたり、気遣ってあげることも大切です。
あまり数の多くない病気ですが、知っておいて欲しい病気です。