石鹸汗臭や体臭を抑えたいからと体を洗いすぎると、ニオイがきつなってしまいます。
ニオイを抑えようとケアしているつもりが、
悪影響となっているなんて驚きですよね。

体のニオイを落としたい気持ちから、
入浴時に体をゴシゴシと洗ってしまいがちです。
また、臭うたびにシャワーに浴びたりはしていませんか?
このような努力が、ニオイの原因になっていることもあるのです。

体を洗いすぎると、皮膚の表面に住んでいる表皮ブドウ球菌がいなくなってしまいます。
皮膚に表皮ブドウ球菌がいなくなると、黄色ブドウ球菌が増殖します。
皮膚に黄色ブドウ球菌が多いと、汗をかいた時にニオイがしやくなります。
ですから、表皮ブドウ球菌がいる健やかな皮膚をキープするために
体の洗いすぎには注意をしましょう。

さらに、体の洗いすぎは、皮膚を傷つけてしまいます。
皮膚が傷つくと、汗をかくと細菌が毛穴の奥まで入りやすくなってしまいます。
すると、アンモニア臭がするようになってしまいます。

このように、体をゴシゴシと洗いすぎたり、回数が多いと、
ニオイをケアしているはずが、ニオイをきつくさせてしまうことがあるので、
気をつけましょう。