[フリー画像素材] 人物, 女性 - アジア, 韓国人 ID:201110181200

豆乳を飲みすぎると体臭がきつくります。
1日の摂取量を守り、
飲みすぎには注意をしましょうね。

美容や健康のための豆乳を飲んでいる人は要注意です。
実は豆乳は体臭をきつくしてしまうことが
あるからです。
豆乳の1日の摂取量の目安は、無調整豆乳でコップ1杯です。
これ以上飲むと大豆イソフラボンを過剰に摂取してしまい、女性ホルモンのバランスが悪くなってしまいます。

豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、黄体期に分泌される女性ホルモンを刺激する働きがあり、プロゲストロンというものを分泌させるのです。
このプロゲストロンは体臭の原因となってしまうのです。

またプロゲストロンが分泌されると、
むくみや肌トラブルが起こるなんてことも多いのです。
むくみや肌トラブルは体臭の原因となってしまいますし、気分も落ちますよね。

そこで生理予定日の2週間ほどは豆乳を控えめにした方が良いでしょう。
この時期が黄体期と呼び、プロゲストロンの分泌が活発な時期だからです。
豆乳だけでなく、納豆や豆腐など大豆食品にも大豆イソフラボンが豊富ですから気をつけましょう。