魚臭症とは何でしょうか?
原因や症状はどんなものでしょうか?

魚臭症は体や口などから魚が腐ったような臭いがする病気です。
トルメチルアミン尿症ともいい、症例が少ないものの、
治療法が無いので症状に困っている人がおられます。
魚臭症は、歯周病や磨き残しなどによる口臭とは根本的に原因が違うので、症状や原因を知ることが大切です。

魚臭症の原因

食物を消化する際にトルメチルアミンが発生します。
そのトルメチルアミンを分解させることができずに、汗や息、尿から溶け出してしまい悪臭となるのです。
トルメチルアミンが分解されないのは、先天的や肝機能の低下による酵素不足が
原因とされています。

食事改善による緩和

魚臭症の治療法は無いのですが、食事よる症状の緩和が望めます。
トルメチルアミンを発生させる食品を控えることです。
例えば、卵、肉、豆、ブロッコリーなどです。
他にはごま油、コーン油、魚、イカ、タコ、海老、カニなどです。
これらの食品を摂り過ぎると魚症の原因となるトルメチルアミンを発生させてしまうので、食生活に気をつけると良いでしょう。