急に体臭がきつくなったと感じる30代女性が
悩む体臭とは?


10代、20代の頃にはしなかった体臭が、30代になり臭い始めたと感じる女性が増えているそうです。
その体臭の正体は、加齢臭だったのです。

女性の加齢臭

加齢臭は、別名オヤジ臭やおじさん臭とも呼ばれ、中年男性からする悪臭というイメージがありますが、実は女性にも深く関係のあるものなんです。
女性だからといって加齢臭とは無関係とは決して言えないのです。
加齢臭は、皮脂腺からノネナールが分泌されることが原因です。
男性はもちろん、女性にも皮脂腺がありますので、
加齢臭がしても何らおかしくはないのです。

30代になり細胞の酸化が進み、ノネナールが分泌しやすくなった女性が悩むのは、こういった訳があるのでした。

女性ホルモンとの関係

年齢を重ねると、女性ホルモンのバランスを崩す人が増加します。
女性ホルモンのバランスを崩すと、顔がほてりやすくなったり、汗や皮脂の分泌が活発になり、同時にノネナールが分泌されますので、
加齢臭がきつくなるというわけです。

女性ホルモンと加齢臭とは因果関係があり、バランスを整えることが大切ですね。