ドライマウスは口臭の原因になります。
口が渇く原因は何でしょうか?

ドライマウスとは唾液の分泌量が減り、
口内が乾燥してしまうことです。
最近増えている疾患で、口内の唾液が少ないと細菌が繁殖しやすくなるため、嫌な臭いがするようになってしまいます。
食べ物の味がわかりにくい、クッキーやパンなど水分が少ないものが食べづらいなどの症状が出やすいです。

ドライマウスの原因は、糖尿病や腎臓疾患、ストレス、薬の副作用などさまざまで素人では判断することが難しいものです。
中でも加齢や常備薬による副作用、噛む力が低下していることが原因であるケースが多いです。

ドライマウスを改善させるためには、根本的な原因が何なのかを知ることが大切です。
ドライマウスの場合は、口臭スプレーや歯磨きなどは抜本的な改善にはなりませんし、逆効果になってしまうこともありますので意味があまりありませんね。
口内を清潔にしているにも関わらず、口臭がきついといった場合は重大な病気が隠れいていることもあるので、ドライマウスを軽く見るのではなく、
一度医師に相談をしましょう。