緑茶
口臭対策におすすめである緑茶。
実は冬は、口臭を悪化させてしまうことがあるんです。

他人の臭いで気になるもの第1位と言われる口臭。
そんな口臭を予防するために緑茶を飲んでいる人も多いかと思いますが、特に冬は注意する必要がありますよ。

 

利尿作用がある

冬場って寒いので、自然とトイレへ行く回数が増えませんか。
そんな中、緑茶を飲むとトイレへ行く回数がさらい増えてしまうのです。
緑茶には、利尿作用があるので飲みすぎには要注意です。

 

唾液の分泌が減る

緑茶を飲むことでトイレの回数が増え、体内の水分が不足すると口臭もきつくなります。
唾液の分泌量が少なくなってしまうからです。

口内の唾液の量が減ると、細菌が繁殖してしまうため口臭がきつくなります。
このときに焦って緑茶を飲むと、さらに唾液の量が減ってしまい口臭が強烈になってしまいますので注意が必要です。

つまり、冬場は緑茶での口臭対策は控えましょう。
水分補給をする時も緑茶を飲むのではなく、お水を飲むことをおすすめします。
水は、冷えたものではなく、常温か、温めたものを飲む習慣をつけましょう。