口臭と舌は関係があるのでしょうか?
口臭予防のために舌磨きは必要なのでしょうか?

歯磨きって毎日行いますよね?
歯の表面はもちろん、歯と歯の間まで丁寧に磨きますよね。
しかし、舌のケアを忘れている人はとても多いのです。

舌は、食べ物の残りかすなどでかなり汚れています。
舌に白いこけが溜まっているとかなり不衛生で、口臭の原因となります。
とはいっても、歯ブラシなどで舌をこすってはいけません。
舌は、とても柔らかいので、表面に傷が付いてしまうからです。

舌の衛生状態を保つためには、唾液に分泌が多いことが大切です。
唾液は、口内のバイ菌を殺してくれる働きをするからです。
口臭を気にするせいで、うがいの回数が多すぎると、口内の唾液が足りなくなって乾いた状態になってしまいます。

さらに、ストレスや疲労などを感じると唾液の分泌が極端に減ってしまします。
いわゆるドライマウスという状態になると、舌のバイ菌が繁殖しやすくなり、口臭がきつくなります。

唾液の分泌を促すには、水分と睡眠をよく取り、ストレスや疲れを溜めないことが大切です。