口臭のほとんどは、虫歯や歯周病などのオーラルトラブルが原因です。
ですから、口臭には、ブラッシングが大切です。

口臭がする人のほとんどは、虫歯や歯周病が原因です。
そこで、オーラルケアを正しく行うことで、口臭を改善させましょう。

オーラルケアの基本は、ブラッシングです。
2種類の歯ブラシを用意し、丁寧に磨きましょう。

2種類の歯ブラシとは、歯の表面を磨くものと、歯と歯の間を掃除するものです。
歯の表面を磨く歯ブラシは、毛が硬めで太めのもの選びます。
これで歯の表面の汚れを落とします。毛が長めのものを使うと磨き残しが少なくなります。
歯と歯の間を掃除する歯ブラシは、毛が細く柔らかいものを使います。
極細の歯ブラシが売られているので、それがいいですね。
極細の毛なら、歯周ポケットの中に歯ブラシの毛先が届くからです。
歯周ポケットの中には、歯周病の原因になるプラークがあります。
このプラークをきれいに掃除しないといけないということです。

このように2種類の歯ブラシを使い、歯の表面と歯間の汚れをきれいにすることで、
口臭を改善しましょう。