口臭を予防するために口臭スプレーを使いましょう。
口臭スプレーは手作りがおすすめです。

口臭スプレーの手作りレシピを大公開します。
とても簡単で、手軽に作れるのでおすすめです。

手作り口臭スプレーの材料は、精製水(36cc)と無水エタノール(4cc)、精油(7滴)です。
精油は、レモンやペパーミント、ユーカリなどがおすすめです。
口内炎やのどの痛みには、ティートリーやオレンジがいいですね。
歯槽膿漏には、カモミールが効きます。
自分のお口の中のコンディションによって、精油をブレンドして使いましょう。
ブレンドした場合、それぞれの精油の量は、合計が7滴になるように計算して配合しましょう。

使った口臭スプレーは、スプレーボトルに入れて使いましょう。
使う前は、水と精油が分離していますので、よく振ってから使いましょう。
作ってから1ヶ月ほど持ちますので、1か月を目安に使い切るようにしましょう。
もし、使いきれずに残ってしまった場合は、もったいないですが、捨てて改めて作り直しましょう。
余ってしまう場合は、作る量を減らしましょう。