歯みがき
歯みがきは口臭対策に欠かせないことです。
そこで歯みがきのポイントを紹介します。

虫歯や歯周病は口臭の大きな原因になりますので、きちんと歯を磨きましょう。

 

1日1回でもしっかりと

歯みがきは1日3回磨くのは理想的です。
食事の度に汚れをしっかり落としましょう。
しかし仕事などの都合で1日3回の歯みがきが難しい場合は、1日1回でもよいのできちんと磨くことが大切です。
数多くさっと磨くよりも、1回でもいいのでプラークを残さないように意識して丁寧に磨くことを心がけましょう。

 

硬めの歯ブラシはNG

以前はプラークを落とすために硬めの歯ブラシを使った方が良いとされていたのですが、これは間違いです。
歯ブラシは柔らかめやふつうのものを使いましょう。
硬い歯ブラシは歯茎や歯の表面のエナメル質を傷つけてしまうのです。
歯茎の後退を進めてしまうこともあるので要注意です。

硬めの歯ブラシで舌みがきを薦めていた時代もありましたが、これも間違いですので実行してはいけません。
オーラルケアは、丁寧に優しく行うことが大切ですよ。