夏は口臭がきつくなりやすい季節です。
口臭がきつくなるのには、
どんな原因があるのでしょうか?

近年の夏は猛暑続きで、本当に暑いですね。
この暑さが口臭を増幅させています。
まず、気温が高いと汗をかきやすくなり体内の水分量が減少し、
唾液の分泌量も減ってしまいます。
唾液が減ると口内を殺菌しきれないため口臭がきつくなるのです。

また、暑さで夏バテになり胃腸の調子が悪くなったり、食欲が出ず麺類などさっと食べられるものを好む傾向にあります。
このような食生活ではよく嚙むことをしませんので、唾液があまり分泌されず口臭が強くなる一因となってしまいます。

さらに、さっと食べられるのどごしの良い食べ物は舌の上もさっと通りすぎるため、舌表面の掃除ができません。
舌苔がたまりやすくなってしまうのです。

このように夏の暑さは口臭の原因となります。
口臭だけでなく歯周病や虫歯の原因にもなりますので、
口内の清潔を意識しましょう。
唾液の分泌を促すために適度な水分補給も大切です。
緑茶は口内を殺菌する効果がありますので、
緑茶で水分補給をするのがおすすめですよ。