思春期に口臭が強くなることがあります。
中高生の口臭の原因はなんでしょうか?

中学生や高校生になると、この年頃の独特の口臭がすることがあります。
ニラやたまねぎのようなニオイです。
この口臭は、なぜ起こるのでしょうか?

中学生や高校生の頃は、ちょうど思春期にあたります。
思春期は、男女ともに、体が大きく変化する時期です。
この時期は、ホルモンバランスも変化があったり、歯並びが大人と同じようになったりと大きな変化が多い時です。
この変化によって、口臭がしてしまうのです。

また、思春期は、心も敏感で繊細です。
羞恥心やストレスをとても感じやすい時期ですので、緊張を感じることで唾液の分泌が少なくなり、口内が乾きやすくなるのです。
ドライマウス状態では、口臭がしやすくなります。

このように、中高生の思春期には、口臭が強くなりやすいのですが、もちろん、一時的なことですし、誰にでも起こることですので、気にしすぎる必要はありません。
バランスをとれた食事を摂り、規則正しい生活を送るようにして、ストレスや疲れを溜めずに過ごしましょう!