口臭を昆布で抑えましょう!
口内の乾燥を防ぎ、嫌なニオイがしなくなります。

口臭の原因は、口内の乾燥です。
口内の唾液の量が不足すると、細菌が繁殖して、嫌なニオイがします。
ストレスや疲れを感じると口内が乾燥しやすくなります。
そんな口内の乾燥には、昆布がいいですよ!

だしを取るための昆布を1センチ角にハサミで切ります。
この昆布を口の中に入れて30分ほど舐めていましょう。
すると、唾液が分泌され口内の乾燥が解消されます。

しかも、昆布のネバネバ成分は、代謝をアップさせてくれますし、細菌などを包みこんでくれるので、
嫌なニオイもカバーしてくれます。

昆布は、ノンカロリーですし、時を選ばずに口に入れることができるのが便利ですね。
あらかじめ1センチ角に切っておいて、持ち歩くといいでしょう。

出先で口臭が気になたけれど、昆布を持っていない場合は、コンビニ等でおしゃぶり昆布で代用できます。
しかし、糖分や塩分を含んだものが多いので、虫歯などの原因となりますので、注意が必要です。
あくまでも緊急用にして、普段は味付けをしていない、だし用の昆布を使うことをおすすめします!