朝の息って臭いですよね。
爽やかな朝を迎えたいものです。

朝の息って、どうして臭いのでしょうか?
せっかくの恋人と迎える朝なのに口臭が気になるなんて嫌ですよね。
朝の息が臭いのには、いくつかの理由があります。
まず、朝の口の中は唾液が少ないからです。
唾液が少ないと、口内の殺菌ができておらず、雑菌だらけになってしまい、臭うというわけです。

また、前夜の食べた物や飲んだ物が大きく関係します。
アルコールを飲みすぎると、アルコールを分解するために体内の水分を使うため、口内が乾燥するのです。
脂肪分の高い食べ物は、唾液の分泌を抑える働きをしてしまいます。
このように、食べ物や飲み物によって口内が乾燥状態になり、雑菌が繁殖し臭うのです。

この口臭を抑えるためには、朝起きたら、うがいや歯磨きをしましょう。
しかし、恋人と過ごしていたりで、うがいや歯磨きができない場合は、歯をカチカチさせたり、舌を上下にしたりして、口内を動かしましょう。
そうすれば、唾液が分泌されるので、口内の雑菌を少しでも殺菌することができる口臭を抑えることができるのです。