いつ歯磨きをしていますか?
歯磨きの効果的なタイミングは夜なんです。

1日3回歯を磨くのが当たり前という人が多いかと思いますが、実際に1日3回歯を磨いている人ばかりではないようです。
特に仕事をしている人は昼間は磨いていないという人が多数です。
しかし心配は要りません。
夜の歯磨きを丁寧に行えば、虫歯や歯周病などをある程度抑えることができるそうですよ。
1日の中で夜の歯磨きが最も大切なのです。

夜、寝ている時は唾液の分泌量が極端に減りますので、口内の細菌が繁殖しやすくなります。
歯や歯茎が汚れたまま寝てしまうと、この細菌の繁殖のスピードが速くなり、
かなり多くの細菌が繁殖してしまうというわけです。

細菌が繁殖すると虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。
そこで寝る前に口内を清潔にしておくことが大切なのです。
プラークや食べ残しの無い口内環境で、安心して睡眠をとりましょう。

夜の歯磨きは夕食後よりも寝る前が効果的だそうです。
夜に2回も磨くのは難しいという場合は、夕食後にきれいに磨いて、
寝る前は口をうすぐ習慣をつけると良いでしょう。