歯
口臭予防は、清潔にすることが一番です。
歯間ブラシとデンタルフロスをうまく活用しましょう。

口内を清潔に保つためには、歯間ブラシとデンタルフロスが欠かせません。
歯みがきだけでは残ってしまう汚れを落としてくれる効果がありますよ。
ぜひ使ってみましょう。

 

歯間ブラシとは

歯間ブラシとは、歯の間を掃除する小さなブラシのことです。
歯と歯の間の、特に歯茎に近い部分につまった汚れをかき出してくれますよ。
口臭だけでなく、歯周病予防にもなるのでおすすめです。
若い人は歯と歯の間がつまっているので、歯間ブラシが入らず使えない人もいるかと思いますので、無理をして使う必要はありません。

 

デンタルフロスとは

デンタルフロスとは、歯と歯の間を掃除するための糸です。
歯と歯の間って実は汚れが溜まりやすい場所んですが、歯ブラシだけでは全てを取り除くことは難しいのが現実です。
そこで、デンタルフロスで汚れを取りましょう。

歯間ブラシは、歯周病予防など歯茎の健やかを保つために効果があります。
一方、デンタルフロスは、虫歯を防ぐ効果があります。
2つをうまく使い分け口内を清潔にキープしましょう。