緑茶は、口臭を予防する働きがあります。
緑茶やうがいをしたり、緑茶を飲むようにしえ、口臭を予防しましょう。

緑茶には、カテキンという成分が豊富に含まれています。
カテキンは、ポリフェノールの一種で、高い殺菌効果があります。
また、カテキンには消臭効果もあります。
このようなカテキンを多く含む緑茶を日常生活に取り入れて口臭を予防しましょう。
緑茶でうがいをしたり、飲みものは緑茶にするようにするといいでしょう。

緑茶は、口臭だけでなく、加齢臭や汗臭などの体臭への効果も期待できます。

しかし、緑茶でうがいをしすぎたり、緑茶を飲みすぎではいけません。
うがいのしすぎは、口内の唾液を洗い流しすぎてしまいます。
口内の唾液が足りないと、口内の細菌は繁殖してしまい、口臭がより強くなってしまうのです。
また、緑茶には、カフェインが多く含まれています。
緑茶を飲みすぎて、カフェインを取りすぎると、唾液の分泌が抑えられてしまいます。
もちろん、緑茶でうがいをしすぎたり、緑茶を飲みすぎたりしなければ問題ありません。

緑茶で適度にうがいをしたり、緑茶を飲んで、口臭を予防しましょう。