男性
若者の間で口臭が問題になっていますが、その原因がドライマウスにあるそうです。
どうしてドライマウスになるのでしょうか?

若い世代の人で悩んでいる人が多いのがドライマウス。
喉が痛くなったり風邪をひきやすいだけでなく、口臭を強くさせるので、ぜひ改善させたいですね。

 

口呼吸の増えている

現代の食生活は、ファストフードやカップラーメンなど柔らかいものが増えましたね。
柔らかい食品は噛む必要性がないため、すぐに飲みこんでしまいますね。
柔らかい食品ばかりを食べていると、噛む回数がぐんっと減り、口周辺の筋肉が衰えてしまうのです。
このことから、口を開ける習慣がついてしまい、口呼吸となってしまうのです。
口呼吸の人は非常に増えています。

口呼吸を防ぐために、1口いつき30回ほど噛む習慣をつけましょう。

 

口呼吸によるドライマウス

口呼吸をしていると、口内を空気が行き来するので、口内が乾燥してしまいます。
唾液が乾いてしまうことで、口内の細菌を殺すことができず、細菌の量が増加します。
これがドライマウスによって口臭がきつくなる原因です。