親知らずは口臭の原因となるのでしょうか?
その理由はいったい何でしょう?

親知らずが生えてから、口臭がするようになったという人はいませんか?
親知らずは、20才を超えてからはえてくることが多く、
とても大きな歯です。
まっすぐ生えてくることばかりでなく、斜めにはえてきたり、半分ほどしか歯茎から外へと出ていない場合もあります。
このようにきちんときれいに歯が生えてこなかった場合、
汚れが溜まりやすく、歯ブラシが届きにくいケースがあるのです。

歯茎に汚れが溜まるとお口のニオイの原因となります。
虫歯になるだけでなく、歯肉炎にもなってしまうのです。
ですから、親知らずが生えてきたら、汚れの磨き残しがないように気をつけましょう!

奥歯は、ただでさえ磨き残しが起こりやすい場所です。
親知らずが生えると、それ以上に奥のせまい部分を磨かなければいけません。
おすすめは、小さなヘッドの歯ブラシを使って奥歯を磨くことです。
鏡を見ながら、リーチが長めの歯ブラシがいいですよ。

歯茎が臭うのは、虫歯のせいではなく、汚れが溜まっているのが原因です。