体臭
たばこを吸うと息が臭くなりますね。
たばこによる口臭が発生する原因は何なのでしょうか?

日本の喫煙率が年々低下しています。
たばこは健康への悪影響はもちろん、口臭も心配になりますね。

 

タールが臭う

たばこにはタールという成分が含まれています。
タールとはヤニとも呼ばれるもので、歯を茶色くしてしまうアレです。
たばこを吸った後は、フィルタが茶色く変色していませんか?
それがタールの色です。

このタールが付着しやすい成分なので要注意です。
歯や舌はもちろん、肺など内臓にも成分が付着してしまうので、タバコを吸い終わった後もタールの臭いがいつまでも漂い、これが口臭となっているのです。

 

唾液の量が減る

たばこにはニコチンという成分も含まれています。
ニコチンは血管を収縮させ、血行を悪くしてしまう働きがあります。
そのため、血液が体の中をうまく通わず、唾液の量が極端に減ってしまうのです。
唾液の量が減ると口内の細菌は多く繁殖してしまい、結果、口から嫌な臭いがしてしまうというわけです。
ドライマウスは、虫歯や歯周病の原因にもなるので問題ですよ。