頭皮の臭いを消すには、シャンプーを使う量を見直してみましょう!
頭皮の臭いが気になり、思わずシャンプーを多めに使ってはいませんか?
シャンプーを多く使うと、実は逆効果かもしれませんよ。

頭皮の臭いがする大きな原因は、シャンプーをした時に、シャンプーがしっかりと洗い流せておらず、残ってしまうことにあります。
シャンプーが頭皮に残ると、細菌が繁殖したり、
湿疹ができてしまい、臭うというわけです。

そこで、シャンプーを使う量を減らしましょう。
シャンプーの前に、シャワーで1分ほど洗い流せば、ゴミや余分な皮脂汚れをかなり洗い流すことができます。
丁寧に洗えば、シャンプーの量を半分程度にしても問題ありません。

本当に汚れが落ちているのか不安であったり、汚れが取れていないと感じる場合は、シャンプーに塩を混ぜると、
汚れがきれいに落ちますよ。
シャンプーに小さじ1程度の塩を混ぜると、頭皮の毛穴の汚れが驚くほどきれいになりますよ。

シャンプーの量を減らし、塩を加えたシャンプーを使うことで、頭皮の臭いが解消されますよ!
臭いだけでなく、痒みなどの頭皮トラブルも解決できるので、おすすめです。