乾燥と体臭には、深い関係があります。
皮膚が乾燥していると、体臭がきつくなってしまうのです。
ですから、皮膚が乾燥しないようにケアすることが大切です。

皮膚が乾燥していると、毛穴から汗や皮脂が分泌されやすくなります。
皮膚の乾燥をケアしようとするからです。
このような汗や皮脂が分泌されやすくなった状態の皮膚では、
体臭がしやすくなります。

汗や皮脂を分泌されると、皮膚の細菌が繁殖します。
細菌が繁殖するときに、悪臭が発生し、これが体臭となっているのです。

さらに、皮膚が乾燥していると、皮膚表面がカサカサになり、粉がふいたようになります。
このカサカサした皮は、細菌の餌となってしまうのです。

つまり、皮膚が乾燥していると体臭の原因となるわけです。
冬は、空気が乾燥しているので、皮膚も乾燥しやすくなります。
また、アルカリ性のボディソープを使っていたり、洗いすぎも皮膚の乾燥へと繋がります。
皮膚が乾燥すつ要因はたくさんありますが、皮膚を乾燥から守り、体臭を抑えましょう。

また、皮膚の乾燥している時は、保湿クリームや保湿ジェルなどで、
しっかりと保湿しましょう。