夏は汗が止まりませんね。
汗を止めには体温を下げるのが一番です。

汗が毛穴がどんどん噴き出し、ダラダラを流れおちると、
いくら汗をタオル等で拭き取ってもきりがありませんね。
止まらない汗を止めるには冷やすのが有効ですよ。

そもそも汗が出るのは、体温が上昇しているためです。
体温の上昇を抑えるため、体温を下げるために汗をかいて、体の表面の温度を下げようとしているのです。
つまり体温を下げれば、汗は出ないというわけですね。

体温を効率よく下げるにはよく冷やしたペットボトルが便利です。
冷蔵庫でよく冷やしたペットボトルを首の後ろや足の付け根、脇、ひざの裏、左の鎖骨下に当てると、
体温が下がり汗が出なくなります。
リンパを冷やせばいいというわけです。

もちろん冷やしすぎは凍傷などの原因になるので、いけません。
よく冷えたペットボトルでは5分程度を目安としましょう。
ペットボトルが冷凍OKのものでしたら、水を入れたペットボトルを凍らすと、さらに効果的です。
冷たすぎたり、痛みを感じるようでしたら、ペットボトルをタオルで巻いたりして工夫をしましょう。