わきがや汗臭、体臭などで悩む人の皮膚を見てみると、乾燥していることが多いです。
実は、この乾燥がニオイの原因になっていることがあります。

皮膚が乾燥していると、乾燥をケアしようと汗や皮脂が出やすくなります。
皮膚が乾燥していれば乾燥しているほど、どんどん汗や皮脂が出てくるのです。
この汗や皮脂によって、皮膚表面の細菌が繁殖し、悪臭となり臭うのです。

 そこで、わきがや汗臭、体臭などで悩む人は、皮膚を保湿する必要があります。
入浴後に保湿クリームを塗りましょう。
保湿クリームを塗ることで、皮膚の水分量と湯分量を上げ、
汗や皮脂の分泌が少ない皮膚を目指します。

保湿クリームは、そのメーカーや種類によって、保湿パワーが異なります。
水分量を高めてくれるものや油分量を高めてくれるものなど様々です。
また、使い心地もさまざまで、サラサラしたものやしっとりしたものなどがあります。

保湿クリームと聞くと、「ベトベトして気持ち悪いなぁ・・・」「余計にニオイがしそう・・・」と思う方が
おられるかもしれません。
しかし、自分の皮膚の状態に合った保湿クリームを選べば、使い心地もよく、ニオイを抑えることができます。