夏は、汗をかきやすくなります。
汗をかきやすいと汗臭もきつくなります。
そこで、扇子で体温が上がるのをガードしましょう。

汗をかきやすい夏は、扇子を使って体温が上がるのを防ぎましょう。
体温が上がるのを防ぐと、汗の量がかなり抑えることができます。
さらに、扇子は風を送ることができるので、
汗をかいた皮膚を乾かすことができます。
皮膚が湿っていると細菌が増殖しやすくなります。
扇子で皮膚を乾かすと、細菌の増殖を抑えることができ、汗臭対策となります。

最近は、扇子の種類も豊富になり、子供から大人まで、
誰もが使えるアイテムとなりました。
素材も様々で、水に濡れても大丈夫な扇子もあります。
色もポップな扇子や爽やかな扇子など、そのシーンに合わせて選べるようになりました。
値段も100円からととても安いのが魅力です。

扇子の他にも、保冷剤や冷却シートなども有効です。
首に巻くタイプや足に貼るものなど、さまざまな用途のものがあるので、
自分の好みに合わせて使うことができます。

このように、扇子や冷却グッズを毎日の生活に取り入れて、
体温を上げすぎず、汗を抑えるようにしましょう。