体臭に効果のある炭酸パックですが、けっこう高いものなんですよね。
定期的に炭酸パックをするには、手作りがおすすめです。

 炭酸パックを手作りする方法は簡単です。
市販の炭酸パックと比べて、かなり安くできるのも魅力です。

手作り炭酸パックの材料は、クエン酸と重曹と炭酸水の3つです。
クエン酸と重曹は、お肌に優しい無添加のものを選びましょう。

まず、クエン酸と重曹を大さじ1ずつ測り、混ぜ合わせます。
プリンカップなどを使うと便利です。
そして、炭酸水を20mlから30mlを測り、くるくると混ぜましょう。

この材料の量で顔1回分です。
背中や脇、足など部分の大きさを考慮して、量を調節しましょう。

材料を全て混ぜ合わせると材料が反応し、しゅわしゅわと泡立ちます。
この泡をニオイが気になる部分に乗せてパックをします。
10分から15分ほどパックをして、ぬるま湯で洗い流しましょう。

炭酸パックは、垂れやすいので入浴中にするのがおすすめです。
毛穴の汚れが取れ、血行が良くなります。
体臭がきつくなったと感じた時、毛穴や皮膚の汚れがたまった時は、炭酸パックをしましょう。